福岡のビジネス講座講師板井康弘が教える「正しい社員教育」

板井康弘が薦める|アメとムチ

 

板井康弘

 

 

部下を教育するためには、上司の態度や言動は非常に大切です。
ゆとり世代と言われている若者を相手に会話をするにあたって、何でもかんでも褒めていては部下の成長には繋がらないのです。

 

そういった時にはアメとムチ。
時には優しく時には厳しくする必要があります。
だからといって理不尽に怒ったり無駄に褒めても効果はありません。

 

例えば、一つの作業に対して、叱りたい時は悪い部分だけをいうのではなく、その中で良い部分を見つけて、それを相手に伝えてあげましょう。
相手が起こした行為全てを否定してはいけません。
次に相手が自分がいった通りに修正して行動してもらうためのアドバイスを与えていると考えましょう。

 

また、褒める時も同じことが言えます。
全てを肯定するのではなく、あえて足りていない部分も伝えるべきなのです。
完璧だと言ってしまうと、これ以上相手は努力をしなくなってしまいます。

 

部下を育てることは大切ですが、相手の感情をうまくコントロールすることも身につけなければいけないのです。